時間も失っていくのです。

きのうは、久方ぶりの休日。

ぼくの近くたちが、わが家に遊戯にきてくれました。

ぼくが作った鍋を食べながら、ビールや国中酒を呑みながら、色んな申し立てをしました。

何とも楽しくて、あっという間のタイミングでした。

こんなにも嬉しいのも、気兼ねのない絆だからだ。

みんながそのままなんですよね。

背伸びせず、偽ろうとせず、忍耐せず、利用しようとも、何かを隠そうともしていない、

両者が、そのままを出そうというし、そのままを受け入れようとする。

ですから楽しいんですよね。かつてのぼくは、ありのままの人間を、さらけ出すことができませんでした。

「みんなに好かれたい」「嫌われたくない」としていたんですよね。

それでもこれはもったいない。自分の宿命を歩んでいるとは言えない。

相手に合わせているうちに、自分らしさといったものが分からなくなっていくんですよね。

それだけでなく、人間という見合う方々という暮すための、時間も失っていくのです。

「みんなに好かれる部分なんて不可能」「みんなに好かれることをやめよう」

こう考えたら、パーソンはありのままの人間をさらけ出せるし、自然と、人間という気の見合う人たちが引き寄せられてくるのだと思います。

ありのままの人間を受け入れて得るみんなにサンキュー。
出会い系を上野使うならアプリをチェック