上級として湿度メンテナンス

観葉植物のオリヅルランやハーブのミントなどを内部で育てている。

いま気になる面倒があります。それは、葉っぱが茶色くなってしまうことだ。オリヅルランは細くて長い葉っぱが得手なのですが、先のほうが茶色くなってしまったので、しかたなくハサミで切りました。少なくブツっと途切れて、不格好になってしまったのが残念です。ミントは、全体的に茶色く枯れてしまっているので、そこを取り除いたら、目新しい芽が返り咲きしました。

葉っぱが茶色くなるのはなぜなのか調べたスポット、ドライが原因のようです。水やりはガンガンやるハズなのですが、内部が乾燥しているのがひどいに関してなのでしょうか。水をやり過ぎても根腐れしてしまうので、水やりのタイミングが難しいです。

日に当てようとして出先に出したのも可愛らしくなかったのかもしれません。紫外線って風のせいで葉が枯れてしまったのでしょうか。

根が伸びすぎて、鉢の中でいっぱいになっているのも導因かもしれません。オリヅルランもミントも、あんまりポイントがかからない新人スペックだということでしたが、ただ水をやっているだけでは無理ね。

オリヅルランは株が増えるので、2カテゴリーに1度は植え替えないといけないようです。二度とランナーも増えて、気がついたらもっさりとしている。

おしゃれな内装には憧れますが、維持するのはずいぶん一大んですね。なおさら上級として湿度メンテナンスのむずかしいアジアンタムを育てたいだ。
出会い系を山口使うならアプリをチェック